二重手術について

切れ長の一重まぶたは、日本人独特の美しさがあります。しかし華やかな印象を与える、ぱっちりとした二重まぶたへのあこがれは、若い女性の間で未だに強いようです。プチ整形の中でも、二重の手術を希望する方は大変多く、女性に限らず男性にもおられます。それでは、二重まぶたの手術について、どのような方法があるのか見ていくことにしましょう。

プチ整形 仙台

もっとも一般的な方法は、一重まぶたの完全切開です。一重の方はまぶたが厚い人が多いのですが、その脂肪部分もメスで除去しまうので、すっきりとした二重になります。また、切開した部分が、二重のラインになりますので、半永久的に理想どおりのラインを持続させることが可能です。ただし、当然のことながら、この完全切開法は、まぶたのラインに沿って、メスでしっかりと切開をおこないます。切らない方法とは異なり、施術後、腫れが引くまでには相応の時間がかかります。また傷口が膿んでしまったりなどのトラブルも報告されていますので、予後には十分な注意が必要な手術です。

コラム : 美容外科とは : 日本美容外科医師会

深く切らないプチ整形として、もっともポピュラーな施術が、埋没法と呼ばれる方法です。埋没法は、クリニックによって多少の違いはありますが、細い手術用の糸で、まぶたの表と裏を縫い込み、一部に留めをします。留める箇所はだいたい2~4点くらいであり、留めた糸をまぶたに埋め込むことによって、二重のくせをつけるのです。施術時間はほんの15分程度であり、費用も安価で済みます。手軽に二重にできるということで、大変人気の高い二重手術ですが、完全切開法とは異なり、脂肪を切除するわけではないので、時間の経過に伴い、徐々に元に戻ってしまう可能性が高いのです。

医学文献検索サービス -メディカルオンライン

最近はLS法と呼ばれる新しい施術方法が流行しているようです。LS法は筋肉の流れに沿って糸を通し、線で固定することにより、天然の二重と同じ構造を作り出す手法です。方法としては埋没法の進化版と言えるでしょう。
二重まぶたの手術は、目という非常にデリケートな部分に近い場所での施術です。繊細な場所を扱うわけですから、是非とも信頼のおけるクリニックを選ぶべきでしょう。